国鉄時代がだ〜い好き♪




2011年3月11日の「東北地方太平洋沖地震」におきまして犠牲者の方々、および被害に遭われた方々に心からお見舞いを申し上げます。

また、被災地の皆様の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。






 最終更新 2018.11.-2
 高崎の115系が全廃となりJR東で115系が走っているのは新潟地区だけで、それも運用範囲が大幅に縮小されいつ全廃になってもおかしくない状況となりました。

 最近では引退が近いという事を暗示するかのように復刻塗装車が次々に出ていますが、かつて湘南色一点張りだった新潟115系に新塗装車 (115系初代新潟色) が出たのは国鉄時代の1986(昭和61)年秋の事でした。先頭部分の塗り分けが異なる数パターンが登場し、画像の塗装は後の初代新潟色に近い塗り分けで登場しました。後の新潟色と比較しヘッドライト付近の矢羽根がありません。
 1989(平成元)年3月に新潟の115系から湘南色が一旦なくなりましたが、91年8月以降の上野口への211系追加増備に伴ない小山・新前橋区から115系1000番台がじりじりと新潟に転属し、湘南色は90年代半ばまで残りました。

 1992年7月に長野115系に新長野色が登場し、これに呼応するかのように1993年11月に白ベースに濃淡グリーンのラインを纏った新・新潟色が登場しましたがこれも塗り分けが微妙に異なる数パターンが登場しました。以降の新潟115系の標準塗装となりましたが最後まで初代新潟色で残った旧S3が訓練車に改造され1998年に消滅しましたが、最近の復刻塗装で再び見る事が出来ます。
 画像は色替が始まって間もない頃のK3-T3の5連で、新潟色は上野寄りの3両だけです。

 1988.11.14  高崎線 高崎駅
↓ 画像をクリックしてお入りください ↓
基本編成 付属編成
その他コンテンツ

  ・このサイトのご案内
  ・更新履歴過去ログ
 
 ・YouTube内において私が撮影した動画を公開しています
  ・管理人宛へのメールはこちら


 since20035-1
 Copyright © 2003−2018 Kuha115-72 
 All rights reserved.